【手伝いを通じて学ぶ喜び】子ども向けポイ活|家事と育児の効率UP

    子ども向けポイ活

    ⓘ当ページのリンクには広告が含まれています。

    子どもたちに手伝いを通じて学ぶ喜びを探る、実践中の「子ども向けポイ活」です。親たちは日々の家事や育児の中で多忙に過ごしていますが、その中で子どもたちとの関わりも大切にしたいものです。本記事では、「家事と育児の効率UP」をテーマに、子どもたちに手伝ってもらうことがもたらす喜びと成長に焦点を当てます。手伝いを通じて培われる自己肯定感や責任感、ポイントをお金に還元し価値を理解し使うこと、そしてそれを楽しみながら学ぶことの大切さについて考察していきます。

    お金について知識を増やす

    ▼▼『教育費・子育て費用・家計見直し』はお金のプロへ無料相談▼▼

    リクルート運営の【保険チャンネル】
    目次

    手伝いを通じた子どもの成長

    手伝いを通じた子どもの成長には自己肯定感と責任感の向上が欠かせません。子どもが家庭のお手伝いを通して任された仕事を成し遂げることで、自らの能力を認識し、自信を持つことができます。また、その達成感から責任感も自然と芽生え、自分の行動に責任を持つ姿勢を育てることができます。これらの経験は、子どもたちが成長する上で貴重なものとなります。

    実践中の「子ども向けポイ活」の魅力

    おかあさんの『当たり前』をやめました。

    『当たり前にあるもの』・・・例えば起きたら朝食が『当たり前に出来ている』『当たり前に洗濯が畳んである』『当たり前に家が片付いている』・・・ある程度の年齢になれば理解してくれるので『当たり前に』をすべてポイントにしています。

    メリット

    「子ども向けポイ活」における家事や育児の手伝いは、家事と育児の効率UPに直結しています。子どもたちが日常的に手伝いを通じて家庭の中で貢献することで、家族全体の効率がアップし、ストレスなく過ごすことができます。また、子どもたちが手伝いを通じて学ぶ喜びと感謝の心は、家庭内の絆を深める力となります。

    デメリット

    『子ども向けポイ活』は子どもたちが、ポイントが低いと思えばやらなくなります。ポイントを上げるという方法もありますが、わが家では『お互いが助け合うから、お互いに気持ちよく過ごせる』ことを付け加えています。
    子どもが複数いると、子ども同士で強要してしまうということもあったので『これは、親と子のポイントシステム』『やるからポイントがつく。やらなければつかない。』とシンプルに伝えます。

    活用例

    ポイントを見える化します。
    ポイントはご家庭に応じて様々だと思いますが、わが家は、朝の忙しい時間の『ゴミ出し』や帰宅後に手が足りなくなるもののポイントを高めにしてあります。

    言われる前に『親より先に気づき行動すること』でポイント加算をしています。

    お金を活用した教育的視点

    手伝いを通じて得られたお金を活用することで、子どもたちはお金の使い方を考える楽しさを体験することができます。お小遣いやお手伝いの報酬を通じて、子どもたちは自ら考え、選択する力を身につけることができます。お金を活用することで得られる教育効果と学びの可能性は無限大です。

    還元する日を決めると良いと思います。月に1回(月末)や2回(1と15)など。
    重みを持たせるなら、一家の大黒柱から決まった日に贈呈式をやったりするのもいいかもしれません。

    手伝いを通じた親子の絆

    はっきり言って『すごく助かります』

    手伝いを通じた親子の絆は、親子のコミュニケーションを強化し、一緒に成長する喜びを提供します。子どもたちが家事や育児に参加することで、親子間での信頼関係や理解が深まります。一緒に目標に向かって努力することで、親子の絆はますます強固になり、家族全体が幸せな時間を共有することができるでしょう。

    『ありがとう』

    子ども向けポイ活

    手伝いを通じた喜びと学びは、子どもたちが成長する上で欠かせない要素です。家庭内での手伝いを通じて得られる経験や成長は、子どもたちの未来において大きな影響を与えることでしょう。親子で協力し合いながら、手伝いを通じた喜びを共有し、家族の絆を深めていきましょう。

    【にほんブログ村参加中】
    ↓わんこクリック嬉しいです↓

    にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ

    お役立ちに関連する記事

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次