【コスパ最強あそび】9マス鬼ごっこ|子どもから大人まで

    9マス鬼ごっこ

    ⓘ当ページのリンクには広告が含まれています。

    子どもから大人まで楽しめる鬼ごっこの中でも、9マス鬼ごっこは特に魅力的な遊びです。この遊びは砂場やグラウンドなど屋外で行うことが一般的で、砂に線を引くだけで簡単に9マスを作ることができます。また、屋内でも白テープのみを使って盛り上がることができるため、コスパ最強とも言えるでしょう。この記事では、9マス鬼ごっこのやり方やルールについて詳しく紹介していきます。子どもたちだけでなく、大人も一緒に楽しめる9マス鬼ごっこの魅力を探ってみましょう。

    9マスおにごっこ
    総合評価
    ( 3.5 )
    メリット
    • マスを作ればすぐできる
    • 子どもから大人まで
    • ルールが簡単
    デメリット
    • エンドレスになりがち
    • 運動をあまりしていない大人は明日か明後日に・・・筋肉
    目次

    9マスおにごっこ

    ルール

    1人が鬼となり、他の人が逃げます。鬼は9マスのどこかに立ち、逃げる人を捕まえます。逃げる人はマス目の中を移動し、鬼から逃れることを目指します。マスには誰もいないところに進んだり、他の逃げる人と協力して鬼の目をくらませたりすることができます。鬼は、逃げる人を1人ずつ捕まえていきます。捕まった人は、マスの外に出ます。ゲームは、逃げる人すべてが捕まった時に終了となります。

    捕まった人は鬼の仲間となり、一緒に逃げる人を捕まえていくというルールもあります。

    やり方

    鬼・逃げる人は掛け声に合わせて1マス動きます。掛け声は『せーの!』『1・2の3』などみんなが一緒に動けるフレーズがよいです。

    鬼:前後左右+その場所(ナナメは×)
    逃げる人:前後左右のみ(ナナメは×)

    いるもの(室内でやるとき)

    9マス鬼ごっこ
    • メジャー
    • テープ
    • やる気

    こちらの写真は
    70cm×70cmのマスになってます。

    9マス鬼ごっこの魅力とバリエーション

    子どもたちにとっての魅力

    9マス鬼ごっこは、子どもたちにとって体を動かしながら楽しめる遊びです。チームプレーの大切さや協力することの楽しさを学ぶことができます。また、戦略を考えたり、敏捷性を鍛えることができるため、身体的な成長にもつながります。

    大人にとっての魅力

    9マス鬼ごっこは、大人にも子どもの頃の思い出を蘇らせる楽しさがあります。また、仲間と一緒に童心に帰って遊ぶことができるため、ストレス解消やリフレッシュにも最適です。

    バリエーション

    写真は、試作で作った40cm×40cmのマスです。
    9マス鬼ごっこをするには狭いので実際は70cm×70cmを使用しました。

    すもう

    すもう

    まるばつ

    まるばつ

    写真は『座布団vsボール』です。

    トミカで遊ぶ

    テープが道路(トミカを走らせる)

    9マス鬼ごっこの効果と学び

    子どもの発達に与える効果

    子どもの運動能力や協調性の向上に効果があります。マス目の中を移動することで、バランス感覚や身体の使い方を学ぶことができます。

    コミュニケーション能力の向上

    チームプレーが必要なゲームです。チームメンバーとのコミュニケーションや協力を通じて、コミュニケーション能力を向上させることができます。

    協力することの重要性

    仲間と協力して鬼から逃れることが求められます。チームプレーや協力の重要性を学ぶことができ、社会性の養成にも役立ちます。

    まとめ

    準備も少しだけで、子どもから大人まで楽しめる『最強コスパ遊び』です。
    パッと遊べる『9マス鬼ごっこ』是非試してみてください。

    ありがとうございました!

    ▼クリック嬉しいです▼

    にほんブログ村 子育てブログ 子供の遊び・公園へ

    【記事を書いた人】
    「少しでも長く子どもと一緒に運動をしたい。」という思いで書いています。
    長男:2年生からドッジボールチーム2年▶︎全国大会出場後、退団▶︎現在は他のスポーツへ。
    長女:1年からドッジボールチーム2年▶︎現在は他のスポーツへ。
    次男▶︎現在ストライダー練習中

    コスパ最強あそび

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次