親のストレス解消に効果あり!「かわいいねぇ」という一言の奇跡

    かわいいねぇ

    ⓘ当ページのリンクには広告が含まれています。

    子どもがぐずっていると、どうしてもイライラしてしまいますよね。でも、実は、その時に「かわいいねぇ」と言うだけで、子どもにとっても脳にとってもとてもいい影響があります。

    『かわいいねぇ』

    言ってみてください。

    口に出すのがポイントです。脳は主語がわからないので『かわいいねぇ〜』と言葉に出すと、自分のの脳にもいいです。言われて悪い気はしないです。

    かわいいねぇ

    子どもがぐずる理由は様々です。お腹が空いていたり、眠かったり、不安や寂しさを感じている場合もあります。そのような時に、親がイライラしてしまうと、子供どももますます不安やストレスを感じてしまいます。 しかし、親が「かわいいねぇ」と言うことで、子どもの脳にはポジティブな刺激が与えられます。子どもは自分がかわいいと言ってもらえたことで、愛されていると感じることができます。これにより、子どもの不安やストレスが和らぎ、落ち着くことができます。

    また、親がイライラしている時に「かわいいねぇ」と言うことで、親自身の気持ちも切り替えることができます。子どもにかわいいと言うことで、親も笑顔になり、イライラが解消されることがあります。このように、言葉には大きな力があります。

    ですから、子どもがぐずっている時には、少し冷静になって「かわいいねぇ」と言ってみましょう。子どもにとっても、親にとってもとてもいいことです。子どもの心と脳にポジティブな影響を与えることで、家族の絆も深まります。 子どもの成長には、親の愛情とサポートが欠かせません。言葉で愛情を伝えることは、子どもにとってとても重要です。ぜひ、子どもがぐずった時には、「かわいいねぇ」と言ってみてください。

    それだけで、子どもの心と脳に素晴らしい影響を与えることができるのです。

    『かわいいねぇ』   独り言でもいいです。

    『かわいいねぇ』   配偶者に伝えてもいいです。

    かわいいねぇ

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次