【名古屋市】トワイライトスクールとトワイライトルームの違いは?

    トワイライトスクールとルームの違い

    ⓘ当ページのリンクには広告が含まれています。

    今日の教育の一環として、トワイライトスクールとトワイライトルームという制度が注目されています。どちらも子供たちが放課後に学習や交流の場を提供する取り組みですが、具体的な運営形態や目的には違いがあります。本記事では、トワイライトスクールとトワイライトルームの制度の違いについて解説していきます。それぞれの特徴や提供する活動内容に加え、利用対象や延長時間帯なども比較しながら、より理解を深めていきましょう。

    わが子が通っている学校は現在トワイライトスクールです。昨年、トワイライトルームになった際利用するかのアンケートが実施されました。

    目次

    トワイライトスクールとは

    トワイライトスクールは、放課後に異学年の子供たちが一緒に自由に遊んだり学んだりする教育事業です。この制度の目的は、子供たちの自主性や社会性、創造性の育成にあります。トワイライトスクールは、教育スポーツ協会や子ども未来企画部の管理下で運営されており、学校で行われることが多いです。一般的に授業終了後から午後6時までの時間に実施されます。さまざまな体験活動や地域の人々との交流など、子供たちの幅広い学びの場を提供しています。

    トワイライトルームとは

    トワイライトルームも放課後に子供たちが利用する場であり、トワイライトスクールと同様の目的を持っています。ただし、トワイライトルームは授業終了後から午後7時までの延長時間帯まで利用することができます。トワイライトルームでは、トワイライトスクール同様の活動が提供されますが、より長い時間を利用することができます。

    制度の違い

    トワイライトスクールトワイライトルーム
    開設日月〜土(休日・年末年始を除く)月〜土(休日・年末年始を除く)
    開設時間9時〜18時(授業のある日は放課後から)8時〜19時(授業のある日は放課後から)
    9時〜18時(土のみ)         
    利用料無料
    ・保険関係費は必要            
    ・自身が申し込んだ体験活動の材料費など  
    実費相当額をいただく場合あり       
    8〜17時:無料
    ・保険関係費は必要
    ・自身が申し込んだ体験活動の材料費など
    実費相当額をいただく場合あり     
    8〜18時の登録:月額1,500円   
             (おやつ代含む)
    8〜19時の登録:月額6,500円   
               (おやつ代含む)
    1日単位で利用できる制度:1,000円 
        (17時〜19時までの時間)
    (公財)名古屋市教育スポーツ協会HP参照

    まとめ

    いかがでしょうか。本記事では、トワイライトスクールとトワイライトルームの制度の違いについて解説しました。それぞれの特徴や提供する活動内容、利用対象や延長時間帯などを比較することで、両制度の理解を深めることができたかと思います。子供たちの放課後の学びと交流の場として、トワイライトスクールとトワイライトルームは有益な制度とされています。興味がある方は、ぜひ詳細を確認してみてください。

    【にほんブログ村参加中】
    ↓わんこクリック嬉しいです↓

    にほんブログ村 子育てブログ 子供の遊び・公園へ
    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次