【LINE スタンプ/絵文字】違い・見え方・気を付けたいポイント

    LINEスタンプ 絵文字

    ⓘ当ページのリンクには広告が含まれています。

    LINEスタンプを作ろうと思うと、『まずは何を用意したらいいんだろう?』『LINEスタンプと絵文字は何が違うんだろう?』さらには、『LINEスタンプは売ったらいくらになるんだろう?』など疑問がいっぱいです。
    この記事では、『LINEスタンプと絵文字の違い』を中心に紹介しています。
    LINEスタンプや絵文字を作成するにあたって、参考になれば幸いです。

    2022.10の内容になります。

    【にほんブログ村参加中】
    ↓わんこクリック嬉しいです↓

    にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
    目次

    LINEスタンプとLINE絵文字

    違い

    LINEスタンプと絵文字違い
    LINEスタンプとLINE絵文字の違い

    上記の表以外の注意事項として、スタンプの画像サイズの余白は上下左右に10pxずつ用意する必要があります。それとは対照的にLINE絵文字は余白をつけず、画像サイズいっぱいにイラストを配置するのがよいとされています。(推奨)

    ↓作成される際は再度ガイドラインで確認ください↓

    検索画面での見え方

    実際の見え方はコチラ↓

    LINE スタンプ

    LINEスタンプ見え方

    LINE 絵文字

    LINE絵文字見え方

    気をつけるべきポイント

    左はLINE購入画面、右はLINE上の配列になります。つなげる絵文字を作成した場合、気をつけて配列を行なってください。

    絵文字購入画面とLINE配列

    せっかく作ったつなげる絵文字が遠くに行っちゃいませんように・・・

    絵文字を送った個数で見えるサイズが違う

    絵文字1個・2個・3個で、送信後のサイズが違います。

    絵文字送信後サイズ

    まとめ

    いかがでしたでしょうか?気持ちを添えるスタンプや絵文字。違いを知って、素敵な作品を制作してください♪

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次